パーソナルトレーニング後に筋肉痛が起こる理由と効果について

千葉駅近くでパーソナルトレーニングをやった後、筋肉痛が起こることがあります。筋肉痛が起こる原因には何があるのか、それを回避するためには何をすべきか、このようなことを知っておくと安心に繋がります。最近は、ダイエット目的の人などもパーソナルトレーニングを行うケースが多くなっていますが、千葉駅近くにあるジムを使えば会社帰りにひと汗流してから自宅に帰宅できるメリットがあります。なお、トレーニングを行った後に筋肉痛で悩まれるなどの経験を持つ人も多いかと思われますが、筋肉痛が起きる理由やそれを回避するためのポイントについて解説しますので、参考にされることをおすすめします。

パーソナルトレーニング後に筋肉痛はなぜ起こる?

トレーニング

運動不足で筋肉を動かすと筋肉痛が起きた、このような経験を持つ人は多いといえますし普段利用しない筋肉を作業などで使うと翌日筋肉痛に悩まされることもあります。これらはいずれも普段使用していない筋肉に負荷を与えるために生じるもので、一般的には数日経過すると痛みなどが軽減します。ところで、ダイエットなどを目的で千葉駅近くにあるパーソナルトレーニングジムに通い、体重を落とそうと考えたり、余計な脂肪を燃焼させてスリムな体を手に入れようと考える人は多いといえます。

千葉駅の近くにあるジムならば通いやすいので続けられるだろう、このように考えるケースも多いわけです。パーソナルトレーニングが可能な施設の場合は、ダイエットやボディメイクなどのプロともいえる専任スタッフが直接指導してくれるので、自分でトレーニングを行うとは異なり確実な効果と正しいトレーニング手法を学ぶことができます。自己流でトレーニングを行っているときなど、そのやり方を間違えてしまうと筋肉にダメージを与えてしまうこともあるので注意が必要です。

確実に効果を期待できるとなったときには、プロからの指導が最適です。しかしながら、プロからの指導を受けてパーソナルトレーニングを行っている人も、トレーニングを行った後で筋肉痛に悩まされることも少なくありません。普段あまり動かしていない部分をトレーニングで動かしているため筋肉痛が起きるわけですが、プロによる指導で起きる筋肉痛はトレーニング効果が出ている証といわれることもあるので、それほど気にされることはありませんしその痛みも徐々に和らぎトレーニングの成果へと繋げることができます。

パーソナルトレーニング後に起こる筋肉痛は良い?悪い?

トレーニング

パーソナルトレーニングのメニューには何があるのか、これから千葉駅近くのトレーニングジムに通う人にとって気になる部分ではないでしょうか。トレーニングのメニューの大半は筋力を鍛えるもので、専門的な知識や技術を持つトレーナーが自分の目標および体力に合ったメニューを考案して丁寧に指導をしながら進めて貰えます。

トレーニング内容は主に筋力トレーニングになるのですが、これは基礎代謝をコントロールする中で役立つものです。ダイエットをするために欠かせないのが基礎代謝ですから、筋力トレーニングはダイエットに最適といっても過言ではありません。ちなみに、基礎代謝は人々が生活を送る中で何もしなくても消費するエネルギーを意味するもの、これを高めることは痩せやすい体に導く効果を期待できるわけです。基礎代謝の約半分は筋肉により消費が行われるため、トレーニングで筋肉を増やせば脂肪が減らない体から痩せやすい体へと導く、これによりダイエットの効果をアップさせることができます。

ちなみに、千葉駅近くにあるパーソナルトレーニングを可能にするジムなどでは、指導時間が約60分間になるので効率良く時間内でトレーニングを行うためには筋トレが中心です。普段動かさないような筋肉を動かすことになるので、最初の内は翌日などに筋肉痛が起きてしまうこと少なくありません。人によっては、普段使わない筋肉を鍛えたのだから筋肉痛が起きることは当然と考えるケースもあるでしょうし、中にはできれば筋肉痛は避けたいと考える人もいるかと思われますが、正しいトレーニングを行うと筋肉痛は起きるものであり悪いことではないのです。

筋肉痛が起きたときの正しいケア方法

トレーニング

正しいトレーニングには筋肉痛はつきもの、このように考えていてもトレーニング後に起きるとやはり不安などのように考える人も多いといえます。一般的に、筋肉痛のピークは運動を行ってから2日から3日くらい後で、痛みが長引いたとしても1週間くらいで自然に回復されます。しかし、筋トレで筋肉痛になったけれど痛みがあると仕事に支障をきたすなどのケースもゼロとはいい切れません。

筋肉痛は適切なケアにより痛みが減ることもありますし、痛みの回復が早くなることもあるためそのケア方法をしっておくとかなり役立ちます。そのケア方法は筋肉が熱を帯びているときは冷やす、患部を温めて血行を良くしたりストレッチで血行促進を促したりなどが挙げられます。激しい筋トレで筋肉が熱を帯びている場合は、アイシングを行って炎症を抑えることが大切です。

アイシングとは、痛みなどの症状がある部位を氷で冷やす方法です。一般的に、痛みがある箇所を冷やすと症状が悪化するなどのようにいわれることがありますが、運動直後に行えば筋肉痛が軽減したり、回復までの期間を短くしてくれます。ただし、運動を行った直後は体温上昇が起きていることからも、体温が高いのかそれとも筋肉が熱を帯びているのか、正しい判断が必要です。

基本的に、アイシングを行った方が良いケースとは患部が他の部分と比較した際に明らかに熱いとき、腫れおよび赤みなどが起きているときです。氷水を氷嚢もしくはビニール袋に入れて患部を10分から20分くらい行う、温度があまり低すぎると凍傷を引きこすことがあるので水を少し多めに入れて冷やすことが大切です。

筋肉痛があるときはトレーニングをしてもいいの?

トレーニング

トレーニングジムに通う頻度が1週間に1度のときなど、前回のトレーニングで筋肉痛が残っているなどのケースもゼロではありません。この場合、そのままの状態でトレーニングをすると筋肉に余計な負担をかけるので症状がひどくなってしまうのではないか、筋肉痛があるときパーソナルトレーニングはお休みした方が良いのだろうか、このような疑問を抱く人も多いといえます。

結論からすると、あまりにもひどい痛みがあるときトレーニングは休むことが大切ですが、軽度の症状のときなどはトレーナーに事前に伝えておくことでミュー内容を変更するなど配慮して貰えます。筋肉痛がある状態で負荷をかけると体にも良いものではないのですが、これは痛みがある状態でパーソナルトレーニングを行うとトレーニングフォームが乱れてしまう、その理由は痛みで体を思うように動かすことができないためです。

トレーニングフォームが乱れてしまう、正しい姿勢で行うことができないとケガなどのリスクもありますので、開始前にトレーナーに自己申告を行ってから始めることをおすすめします。なお、自己申告することで現在の体の状態に合わせたメニューを用意してくれます。トレーナーはトレーニングに関する知識を豊富に持つプロでもあり、当日の体の状態に適したものを提供してくれます。そのため、自ら負荷をコントロールすることなくプロからの指導を受けながら必要なトレーニングを続けることができますし、前回のトレーニングからの期間が短くて筋肉痛が残っているときでも筋肉痛がない部分を強化するなどのメニューに切り替えて指導して貰えるので安心です。

筋トレで筋肉痛が起きるのは効果の証ですが、適切なケアを行うことで筋肉痛を少しでも軽減させることが可能になります。なお、ケアの方法の中にはバランスがとれた食事を心がけることや睡眠をしっかりとるなどもありますので、生活習慣を見直すことも大切です。