カーテンを適切に取り扱うコツとは?

お気に入りのカーテンを購入し、それ以降一度も手入れをしていない人も少なくないです。そんなカーテンですが汚れはどれくらいつくのか?カーテンのお手入れ方法とは?意外と見えなかったカーテンのメンテナンスを中心にカーテンのあれこれをご紹介いたします。

カーテンの寿命とはどれくらい?

カーテンの寿命

カーテンを特に考えずにそのまま購入して下げている方は結構多いものです。
そんなカーテンに寿命はあるのか?また寿命を迎えたカーテンはどうなるのか?それが気になるところです。

まずカーテンの寿命は大体5~7年といわれており、それが取り換え時とされています。
しかしそれよりも長く使っていて特に不具合が無いと思われている事も多いもの、実際なんの不具合も無い場合はありますが、実は見えないダメージが蓄積されていることがあります。
そんなカーテンのダメージはどこからくるのか?それはやはり環境上必ずふりかかるものとなっています。
カーテンは基本的に使われているところは窓際となっており、そこは外気にも非常に触れやすいところとなっています。
そのためカーテンは思っている以上に汚れているもの、一見わからなくても洗濯してみると水が真っ黒になった!ということも少なくないです。
また紫外線の影響も受けやすい窓際、いつもその紫外線から家主を守ってくれているカーテンはいつも紫外線に晒されており、その分ダメージが蓄積されています。
また車通りの多いところに面している窓のカーテンの場合は排気ガスの影響が、そして花粉や室内での禁煙がある場合その分ヤニ汚れが蓄積しています。
そんな汚れを洗おうとすると、もし寿命を過ぎている場合洗濯の負担に耐えられずそのまま破れてしまう場合もあり、これが寿命の時期と重なりやすい傾向にあります。
勿論一概には言えませんが、この年数が経っているカーテンの場合、いつ破れてもおかしくない、そう考えるのが妥当です。
そして他に加工を施されている場合、その加工が劣化している可能性もあるので、尚更寿命に気を付けたほうがいいかもしれないです。
購入してそのまま放置しがちになってしまうのがカーテン、しかしいずれ破損をしてしまうものには変わりないです。
まだ新しいものの場合そこまで考えなくてもいいかもしれませんが、購入してしばらく経つ場合は新しいものに買い替えも検討するのをおすすめいたします。
カーテンの購入はどこか気分転換にもなるのでとてもおすすめ、新しいカーテンの購入をして部屋の印象をこの機にガラッとかえるのも楽しみです。
今のカーテンと同系色はもちろんですが、全然違うタイプに変えてしまうのもまた楽しいもの、カーテンはそれそのものが大きな存在感がありますので、部屋のイメチェンにも非常にむいています。
また家具屋に出向かない場合でも通販で簡単に購入が可能、大手から個人まで多くの企業がいま通販事業に幅ひろく参入していますので、ネット通販でいつでもお気に入りのカーテンを見ることができます。
おうち時間が長いからこそカーテンの購入はおすすめ、カーテンが変わるとお部屋も変わるので気分転換、新しい気持ち作りに役立ちます。

カーテンの簡単お手入れ方法とは?

カーテンのお手入れ方法

カーテンには蓄積した汚れがたまっているので、できればきちんとメンテナンスしておきたいところです。そんなカーテンですがどれくらいのペースでどんなメンテナンスをしたらいいのか?まずそこからご紹介いたします。
このカーテン、メンテナンスは必要ですがその頻度はけして高いものではなく、またメンテナンス自体も非常に簡単です。
大きな布の洗濯ということで少し身構えてしまうかもしれませんがそんなに気を張る必要もなく、簡単にメンテナンスができるようになっています。
まず品質表示を確かめる必要はあるものの、基本的にカーテンは丸洗いが出来るものも増えており、そして家庭用洗濯機で簡単にお洗濯が可能です。
お洗濯の際は蛇腹折りにして片方だけ縛っておき、そのまま投入するだけ、それで簡単にお洗濯が可能となっています。また縛っておくことで洗濯機の中で他のものと絡みにくくなり、取り出しも簡単になるのでおすすめです。
そして干すときは元のところに吊り下げるだけでOKなので他の洗濯物があるから干せない!そんなときも安心してメンテナンスをすることができます。
そのまま干しておくだけでもともと日当たりのいい窓際に置いているカーテンは乾くもの、また室内の乾燥も防止してくれるので一石二鳥となっています。
ではこのメンテナンスはどれくらいのペースで行えばいいのか?これも非常にお手軽となっており、ドレープカーテンの場合年に一回、レースカーテンの場合年に二、三回で十分となっています。
勿論これは最低限の数字なので、環境によって異なりタバコを吸う家庭の場合はもっと回数が増えます。
なのでタバコを吸う場合は購入のときより洗濯しやすいカーテンを選んでおくとメンテナンスがしやすくなります。
もし長い間使用していてお気に入りのカーテンの場合はクリーニングに出すと間違いがなく、安心して任せられます。
高価なカーテンを使用している場合は余計にクリーニングで確実に綺麗にしてもらうのが安心です。
メンテナンスときいて少々面倒に感じてしまうかもしれませんが大掃除のときについでに洗濯する感覚で十分できてしまいますので、その機会に綺麗にカーテンも整えておくのをおすすめいたします。

カーテンで変わるお部屋の雰囲気

カーテンで変わるお部屋の雰囲気

カーテンはお部屋の雰囲気をガラリと変えてくれるもの、普段のお部屋のカーテンをかえるだけでも随分印象がかわります。
カーテンはそのものが存在感が強いものなので、カーテンがインテリアのメインになりやすいです。
そのためカーテンが変わるとお部屋の印象はすぐにかわりますので、カーテンを選ぶ時はどんなお部屋にしたいかしっかりイメージしてから購入するのをおすすめいたします。
カーテンだけ浮いてしまう、そんな心配がある場合はお部屋の壁や床にあわせた色合いのカーテンをもってくることで随分違和感が消えます。
同系色や類似色のカーテンをもってくるのがおすすめとなっており、カーテン選びに自信がない、そんな方にも失敗しにくいカーテン選びをしていただけるようになっています。
またいまDIYも用いてお部屋の内装に拘っている人が増えており、百均などプチプライスの材料を用いて簡単なDIYをし、それでお部屋に飾りつけしている人も増えています。
慣れてくると簡単な家具も作れるようになり、よりお部屋の中を快適に、そしてオシャレにしていくことができます。
またそれらをSNSに掲載して同じような趣味の方と交流したり、中にはDIYの方法を細かく解説している動画を出している人も居ます。
そんな動画を見て触発され、自分もインテリアにこだわりたい!そう考える人も増えています。
そしてそんなインテリアの要でもあるのがカーテンで、テーマを決めてインテリアを作り上げている人にとっても非常に興味がある部分です。
またカーテンにも種類が多く、シンプルなものだけではなくプリンセス風など明確なテーマにそって作られたデザインもあるので、ネット上を見ているとほぼ必ず自分が求めているテーマのものがみつかります。
それでも無い場合は自分でカーテンのアレンジをすると、自分で手を入れられて楽しい上に好きなようにカーテンを飾れる、そんなメリットもあります。
お部屋の要ということで失敗してしまったらどうしよう、と不安にも感じられるカーテン選び、しかし無難な色を選ばなくてもテーマにそったりポイントをおさえておけば失敗しにくいです。
段々慣れてきたら冒険するのも一つの楽しみなので、好きなようにお部屋のリメイクをしていくのをおすすめいたします。

「カーテンを新調したいな~」と思っている人におすすめなのが、『びっくりカーペット』というネットショップです。
https://bicklycarpet.co.jp/

インテリア専門店なので、とにかく品揃えが豊富。
おしゃれで機能的なカーテンが、たくさん揃っています。

カーテンの寿命は意外と長く、その気になればずっと同じカーテンを使い続けることもできます。
ですが、カーテンはインテリアの主役なので、そのときどきに変化する自分の好みや理想を大切にして、数年ごとに見直してほしいなと思います。

インテリアはそこに住む人の心に、潜在的な影響を与え続けると言われています。
お部屋の模様替えがしたくなるのは、あなた自身にいい変化が訪れているとき。

このタイミングを逃さずに、ぜひ素敵なカーテンを探してみてください。

機能で見るカーテン選びとは

機能で見るカーテン選び

カーテンはインテリアとしての有能なものですが、それだけではなく機能面も非常に優秀です。
もともとは遮光性、遮音性程度しかなかったカーテンもお客様の要望に応えてちがう加工もされていっています。
ではこのカーテンの加工とはどんなものがあるのか?それをご紹介いたします。

カーテンで一番メジャーなのが遮光と遮音、これは昔からなじみ深いものとなっておりとくに遮光カーテンは多くの家で取り入れられているものとなっています。
ものによりますのでカーテンによってバラバラですが、カーテンによっては完全に外の光をシャットアウトして快晴のお昼でも真っ暗な室内を作ることができるものもあります。
また遮音も優秀で、しっかり閉め切ると完全な無音の空間を作ることができます。
こうした閉鎖的な空間は就寝時や仕事の集中を助けるので、テレワークで外のひかりや音が気になってしまう人は、是非おすすめしたいものとなっています。

次にUVカット、いま紫外線の影響を不安視している声もあり、しっかり紫外線をカットできるように加工されているものが多く出回っています。
衣類、傘、帽子、眼鏡、化粧品……UVカット表記やSPF表記されているものは多くのお店で取扱いされています。
カーテンも例外ではなくUVカットができるカーテンもあり、特に日照が強いお部屋の強い味方です。
適度に光を取り入れたいときはレースカーテンを使用、あまりに日差しが強い場合や日に当たりたくない時はUVカットのドレープカーテンを使用するのがおすすめです。

他にも花粉の出入りを抑制する効果がある加工が施されている商品もあったり、時代にあわせて求められる加工をどんどんカーテンには施されています。
そのため選べる機能も幅ひろく、それらはネット通販で購入可能!ほしいと思った時に見に行って購入できるため非常に便利です。
機能性が高いとデザインの面は大丈夫なの?という不安もありますが、それも考えられた良質な商品が取りそろえられています。
遮光なのに軽量素材が使われているものもあり、重苦しくなってしまいがちな遮光カーテンをもっとラフに使用できるようになっています。

カーテンをより楽しんでいく

カーテンをより楽しんでいく

機能性もデザインも両方注目されているカーテンはそこからさらに楽しむという伸びしろがあるインテリアです。
そんなカーテンですが、もともとのデザインや機能は勿論のこと、そこから自分でアレンジを加えていき、よりオリジナリティを持たせて機能も損なわないようにする方法があります。
たとえばドレープカーテンの場合タッセルがありますが、それをもともとのものを使用するのではなく、異素材のものを使用してそれでカーテンをまとめておくというテクニックがあります。
麻紐や木材、金属など布製品に絡めるとより引き立つものを選択することで、光るアクセントを加えられるようになっています。
またタッセルでまとめる場所の高さを変えるなど、ちょっとした変化をくわえることで全然違う印象がでるので、試してみるのがおすすめです。
ドレープカーテンはもちろんですが薄くてより扱いやすいレースカーテンのアレンジも楽しいものです。
たとえばレースカーテンを真ん中でまとめてリボンで結ぶ、百均のヘアアクセサリーでまとめてみる、また多くはドレープカーテンより窓に近い位置にセッティングされやすいレースカーテンですが敢えて室内側にもってきて、室内から見た時レースが主役になるように配置してみたり、そんな工夫をすることでよりカーテンは楽しむ事ができるようになっています。
また違う布も一緒にかけておくことで、より個性的な窓際インテリアもできあがるのでおすすめです。
あまり凝りすぎるとかえって扱いにくくなる場合はありますが、そうならない範囲でも十分アレンジを楽しめるカーテン、ネット上でも情報公開されているのでそのアレンジを楽しんでいくと楽しいです。
機能性重視でイマイチデザインは地味……そんなカーテンもこうしたアレンジをくわえることで高性能はそのままにおしゃれなインテリアに早変わりさせることができます。
機能性もデザインも両方欲張りに楽しむことができるカーテン、メンテナンスもそんなに難しいものではないので、今まであまり手をかけていなかった人もこの機にカーテンにこだわると新しいお部屋の印象を見ることができます。
なかなか変化を感じられず鬱屈としている昨今、お部屋の印象を変えるだけで気分転換にも繋がるので、お気に入りのカーテン探しがおすすめです。
カーテンにあわせてインテリアを変更したり、おうち時間がより楽しくなります。